相性占いや縁切りで未来を予想|未来の望遠鏡

占い師

数々の種類がある

婦人

その人が生まれた日付というのは生涯変わることがありませんので生年月日を使い占いをすることがあります。また、道具を使って占う時は、タロットやトランプやカードなどを使って占います。これらは、人間が生まれつき持っているものではありません。そのため、どちらかと言えば占いをする時の直感を頼りにして占っている方法だと言えます。最後に、姿や形を見るというのは、手相、家相、人相、風水などを見る占いです。手の平にあるシワや、その人の人相など、何らかの姿や形を参考にして占いをしていきます。このように、占いといっても様々な種類があり、どれを信じるかはその人次第となっています。すべてを信じてもいいですし、どれか1つの占いだけを信じてもかまいません。相性占いをする時も、色々な占いの方法を試してみて、フィーリングが合う方法を中心に占っていけばいいのです。

相性占いは、2人の性質が合うかどうかを占います。人間には、持って生まれた性質や、生きていく中で身につけた性質などがあります。性質が似ている相手とは話がはずみ、お互いの考えを理解しやすくなります。性質が似ていなくても仲良くなる人はいますが、性質が似ていて息が合う人のことを、相性がいい人と表現します。一般的に、相性がいい相手とは、交際や結婚生活がうまくいくと考えられています。結婚というのは生活の連続なので、馬が合わない相手とは婚姻関係を維持していくのが難しくなります。そのため、相性というものが存在するのであれば、できるだけ相性のいい人と一緒になる方が交際や結婚生活がうまくいきやすいと考えられているのです。相性は目に見えないものですが、相性占いをすると2人の相性が結果となって現れます。そのため、片思いの相手や、交際相手との相性を知りたい時は、相性占いをして2人の相性を確かめることもできるのです。相性占いは確実に的中するとはかぎりませんが、占いの通りに物事が進む場合もあるので、人によっては迷った時の参考になるはずです。